background movie

varom.f-「イメージ」

何事も「是々非々」でいきます。(不定期)

2011年頃の西田昌司君



2011年頃の西田昌司君は良かった…。

当時は蓮舫やら民主党とやりあって見てても面白いし痛快であった


今はどうかって?5年後の2016年、

民進党の有田芳生と一緒になってあの悪法「ヘイトスピーチ法」を

作りやがった…日本人への、良い意味でのヘイトスピーチ法ではなく、

在日韓国朝鮮人が住みやすくするためだけのヘイトスピーチ法なのだ!

日本人が在日を非難するのは違法だという…

2016年の五十六パパの件が記憶に新しいが…


西田昌司君!君はもう終わったんだよ!

日本人には必要ない人間、それが西田昌司君なんだよ!

辞職しろ!辞めてしまえ!祖国、韓国へ帰れ!


※イラストは、2011年11月11日ポッキーの日でした。

よくよく見ると西田昌司君って馬鹿ズラしてますね…

典型的な朝鮮顔で朝鮮耳ですかね


スポンサーサイト

何度でも何回でも…

始まるとは…?

始まらないとは…?


それは「行動」を実践した後の結果であり、

実践しない後の結果なのだ…


考えるだけでは始まらない…

考え、それを実践(行動)する!


不安や重圧など人それぞれあるだろう

それもこれも、先ず行動(考え+実践)しよう


ただ闇雲に行動したらただのアホである

結果はどうであれ、次に進めれる(新たな挑戦へ)のだ


最終的に言えることは…

 【☆行動しろ!】

次へ進めないないからだ!


幾つになっても夢や希望、「目標」を持つこと!

これが大切なことなんです

10月22日衆議員選挙か…

自民党かな…

安倍のトリモロスは嫌いだ!日本、日本人にとって良き政策など皆無だ!

痛い目に合って欲しい!!!が、だからといって他の党がいいとは

言ってない!毎回言います!他の党は一日も早く無くなれ!


民進党は無くなったのかな?

希望の無くなった党は論外!

立憲民主党なんて、落ちこぼれダラケだろう!

維新は党首が問題だし、自民は公明党と手を切れ!


※豊田真由子、山尾志桜里、辻本清美は逝って良し!社民党は論外論外!

※下痢便トリモロスの、移民難民受け入れ、消費税10%、有事が起こったら

日本海に難民工作員の船が来たら片っ端から沈めてしまえ!皆殺ししかない!

それをしなかったら、確実に日本人の犠牲者が増えるだろう…

それよりも先制攻撃だろう!確実に犠牲者が日本人なんだから…


真面目に考えて投票しよう


心は、ジャパンファースト


DHC

収録時間:朝8時〜10時

DHCテレビ
★ YouTubeチャンネル
 https://www.youtube.com/c/dhctv

★ FRESH!チャンネル(虎ノ門ニュース)
 
https://freshlive.tv/toranomonnews

★ニコニコ動画
 
http://ch.nicovideo.jp/ch2620

★DHCテレビのご視聴はこちらをご確認ください。
 
https://dhctv.jp/howtowatch/



素晴らしいの一言

8月も後4日で終わりか…

9月 四季で言えば「秋」だ!

早いなぁ~


相変わらず政治は何をしているのやら また、蕎麦、うどん?

早く北に先制攻撃してしまえ!散々馬鹿にされて頭にこないのか?政府は

不審船が来たら爆破してしまえ! 


北が撃って「核」きたら、もうその一発で日本は終わりなんだよ

何も出来なくて瓦礫の山の中で炭になってるか

蒸発して無くなっているかだ! 誰がだって?日本人、同胞がだよ


一発撃たれたら、日本は終わりなんだよ!(宇宙からマッハ7以上で日本へ落下)

分からないのか?一発で終わり!東京に撃てば終了…

支那にも同様に先制攻撃が必須だ!尖閣に集団で来る筈だから、そこを一網打尽で皆殺し!


1人でも活かして返すな!舐められたら終わりなんだよ!

マッハ7以上では迎撃は無理なんだよ!

なので、先制攻撃しかない!


※日本の自衛隊に約一万人の支那人(帰化)がいる恐怖…本当に政府は馬鹿か!?

※既成政党の「自民党」、劣化のし過ぎ、そろそろ解体が必要だと思う




プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。