background movie

varom.f-「イメージ」

何事も「是々非々」でいきます。(不定期)
2016年01月の記事

アマゾンが【高い城の男】の映画…

概要[編集]
第二次世界大戦が枢軸国の勝利に終わり、大日本帝国とナチス・ドイツ
によって分割占領されている旧アメリカ合衆国領を舞台にした人間群像劇。

歴史改変SFでは珍しくない設定だが、作品内世界で「もしも連合国が枢軸
国に勝利していたら」という歴史改変小説が流行しているという点と、東洋
の占術(易経)が同じく流行していて、複数の人物が易経を指針として行動
するという部分が独創的である。ディック自身も、本作のプロットを作る際に
易経を利用している[3]。後半になるにつれてディック特有の形而上学・哲学
的な思索やメタフィクションが展開される一方、ディック作品にありがちなプロ
ットの破綻が生じていない[4]。そうした点からアメリカやイギリスなど英語圏
ではディック作品の代表作として挙げられることも多い[4]。

作中の枢軸国の描写に関してはそれぞれに違いがある。日本人は勝者とし
て傲慢な部分もあるものの、人種政策でドイツと対立するなどある程度は話
が通じる人間的な集団として描かれている。逆にドイツ人は反ナチ派が軒並
み粛清されており、ナチズムの狂気に満ちた集団として描かれている。イタリ
ア人は表面的には日独と並んで戦勝国として扱われているが実態としては
ドイツの衛星国であり、その劣等感からアメリカ人に同情する描写が描かれ
ている。また作品中に登場する歴史改変小説は、現実の第二次世界大戦と
も異なった形で連合国が勝利する内容になっている。


アマゾンより【高い城の男】という映画でござる!面白そう!
しかし、日本人の描き方には毎度毎度疲れるでごわす(予告編等々…)
東洋人を皆一緒にした感があり一体何処の国なんだと思う節がかなり見受け
られて非常に不満だ!予告を見てて素直に思った。 でもみたいなぁ~!
スポンサーサイト
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。