FC2ブログ
background movie
HOME カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

varom

Author:varom
FC2ブログへようこそ!
●アルニダを許さない日本男児

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

varom.f-「イメージ」

何事も「是々非々」でいきます。(不定期)

日本盤「ゼイリブ」…下痢便トリモロス

帰化人が日本を亡ぼす… ※USA映画【ゼイリブ】JPN現.実行中

2020年までに外国人IT人材を3万人から6万人に倍増することを
目指す…始まったよ下痢便売国奴便汁トリモロスが!
------------------------------------------------------

■首相「改革を断行」、日本への投資拡大呼びかけ←気違いか?

安倍首相は4日午前(日本時間4日夕)、ブリュッセルで開かれ
た対日投資セミナーで、「世界で最もビジネスしやすい国を目指
し、改革を断行する」と述べ、日本への投資拡大を呼びかけた。

首相はセミナーで、法人税率を引き下げたことや、東京の一等
地のオフィス賃料が香港や北京に比べ割安だと強調した上で、
「規制・行政手続きを企業の目線に立って抜本的に見直す」と語
った。また、「2020年までに外国人IT(情報技術)人材を
3万人から6万人に倍増することを目指す」と表明した。



◆◆◆
何処まで馬鹿なんだろうか 何処まで売国奴なんだろうか…所詮
帰化人の朝鮮人ですね…早く辞めてしまえよ下痢便トリモロス!
下痢便の政策が殆ど潰れ(三本の矢+新三本の矢=全滅)さらに
今度は外国人IT者をさらに3万人受け入れ6万人に増やす!???
日本人はどうなるの?日本人のIT人材は?単価が低くなるぞ!内
容が一般化し日本独特の技術が…ってか日本じゃなくなる!こい
つ日本なんてどうでもいいってことなんだよ!だから舛添を担い
だんだよな…下痢便トリモロス!日本から出て行けよ!叩き出さ
れたいのか?よくこんなボンボンが政治をやれるよな!日本の日
本人がしっかりしなくてはいけないんだ!今こそ先人たちに学ば
なくてはいけない!

選挙へ行こう 自分で調べて判断して投票しようよ!このままだ
と冗談抜きにイギリスやフランスみたいになるよ!中国人や韓国
人の市長や警官が日本に誕生する日も時間の問題に必ずなるよ!
そうなったらもう無理!そうならない為にも行動しようよ!な!
日本国民みんなで下痢便トリモロスの肛門に【超極太栓】をぶち
込むんだ!西田昌司君はもう駄目!ピッカリ君こと有田芳生とつ
るんでるし彼はもう保守でも何でもないただの白髪のおじいさん
なんだ!最近凄~く左に傾いて歩いている…本当にがっかりだよ
な!下痢便トリモロスに尻の毛を抜かれまくってああいう状態に
なったとのこと…きしょい下痢便(外国人の受け入れ等々)をこ
れからもひり出すと思う いいの?若いこれからの日本の若者よ
これでいいのか?自分の生まれた国を大切にしようよ!ご先祖様
が体を張って護ったこの国、人々をこれからも護って行こうよ!
戦おう!目には目を、歯には歯を!暴力には暴力を!舐められる
なよ!チャンコロ、チョンコに舐められるな!行動が決め手だ!



世界が可笑しくなってきた…移民.難民政策等々
-------------------------------------
■イタリアでは…
街頭を中国人警官が巡回、自国の観光客保護でって…
=イタリア人って馬鹿なの?死ぬの?国家が亡くなるべよ!

■ロンドン市長選挙で…、
イスラム教徒が当選!移民政策が招いた結果だろう…
=イギリス人って馬鹿なの?死ぬの?国家が亡くなるべさ!

■日本IT技術者外国人あと3万人増やす
下痢便トリモロスが掲げる技術者IT 6万人計画
=下痢便トリモロスが薦める在日朝鮮韓国人の陰謀!


※トップがアフォ(アホ+馬鹿+気違い+支那鮮)だと国は亡くなる!
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。