FC2ブログ
background movie
HOME カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

varom

Author:varom
FC2ブログへようこそ!
●アルニダを許さない日本男児

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

varom.f-「イメージ」

何事も「是々非々」でいきます。(不定期)

歴代総理が【おチョンコ】だらけ?

■歴代首相は朝鮮人ではダメです!「中山弘ブログ」
------------------------------
何故、日本はこんな変な社会になっているのか?
それは、歴代総理が朝鮮人なのです。


1)小泉純一郎は朝鮮人です。

2)安倍晋三も立派な朝鮮人です。

3)昭恵夫人も朝鮮人です。


※昭恵夫人の学歴もおかしいのです。聖心女子大学
と言うのですが、専門学校です。聖心女子の専門学
校を出ているのです。おかしいのです。


※リチャード・コシミズ氏も言っていますが、安倍
首相は成蹊大学を出ていないのではないでしょうか。
そのような疑惑があるのです。


※小泉純一郎は慶應義塾大学ですが、ロンドン大学
に留学して帰ってきたのです。ロンドン大学とケン
ブリッジと、オックスフォード大学は段違いの差が
あるのです。東大と日大くらい違うのです。
夏目漱石は留学したときに、知らないでロンドン大
学に入ってしまったのです。それを一生涯悔いてい
たのです。


◎東大に入るつもりが、日大に入ってしまったので
す。タコ足大学で、あちこに学部があるのです。オ
ックスフォード大学のように貴族教育ではないので
す。



★8年ぶりの日本が【朝鮮化】していたのです。
------------------------------
1.三橋貴明さんと室伏克実さんの対談を聞いてわか
ったことがあります。室谷さんは、韓国に8年間い
た人で、時事通信社の記者です。


2.日本に8年ぶりに帰ってきたら驚いたのです。何
を驚いたのかと言うと、日本が何から何まで朝鮮風
になっているのです。


3.室谷さんは日本に帰ってきて、「何かおかしいぞ。
日本の社会が韓国のようになっているぞ」と気が付
いたのです。


4.小泉・竹中でやった派遣社員の制度では、2年く
らいで会社を変わるのですから、愛社精神、忠誠心
など芽生えません。


5.日本は一生労働で働ける環境ではありません。み
んな派遣社員になってしまい、ウロウロしているの
です。これはどこかで見たことがある風景だと思っ
たら韓国で見た風景だったのです。


6.今では日本の会社に対して忠誠心もありません。
研究開発の予算もありません。だからシャープは潰れ
てしまいました。シャープだけではありません。よい
会社がどんどん潰れているのです。


7.このような事業形態を見ると、まさに韓国と同じに
なっているのです。人情もそうです。どんどん韓国風
に変わっているのです。思いやりがない、老人を大事
にしないのです。


8.今、韓国では老人が犯罪を犯して刑務所に入るのが
流行っているのです。すると、衣食住と住む場所は困
りません。露頭で迷っているよりも、刑務所に入りた
いのです。


9.このように思って銀行強盗やナイフで人を脅すのです。
すると翌日から捕まってご飯が食べれるのです。
そんなことは韓国では当たり前です。


◆◆◆
これは日本でも小泉純一郎・竹中平蔵・安倍晋三と朝鮮
人が続いてきている傾向なのです。歴代首相に朝鮮人出身
者を入れてはいけないのです。

★渡部昇一先生は議員に立候補するときに「三代にわたっ
て出自を明らかにしろ」と言っています。


★朝鮮人の血筋は争えないしDNAは変わりません。どう
しても朝鮮のDNAが出てきてしまうのです。安倍さんの
やっているアベノミクスもデタラメです。



中山弘の徒然日記~抜粋2016.5.14

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。